川島和彦 わんぱくドリブル軍団

サイトマップ

サッ−カ−少年をお子さんにもつお父さん、お母さん、また少年サッカ−指導者の 皆さんへ「ジュニア専用 子供のドリブルテクニックを楽しみながら上達させる方法」

「もう、心配いりません。」

このドリブル上達法があれば、あなたのお子様が

身体能力に自信が無くても、体が小さくても、、足が速くなくても

小学校低学年でも、今よりも、試合で活躍させる事が出来ます。

お子さんが取り組むべきトレーニングはたった5つ。

この5つに取り組めば、本来、お子さんが持っている個性をグングン伸ばし、

他の子には無い天才的なドリブルテクニックを身に付けさせる事が出来ます。

どなりつけたり、厳しい練習を課する必要は一切ありません。

他の子より運動神経が劣っていても、心配する必要はありません。

今回のトレーニング法で、お子さんが楽しみながら成長する姿を一緒に見守って

行きましょう!




我が子が、グラウンドを走り回り、元気にサッカーをしている姿を見るのは

楽しいですよね。

でも、少年サッカーの場合は、体の大きさやキック力、走る速さ等の身体能力が

試合の勝敗を大きく分けてしまう特徴があります。

特に、1対1の攻防では、体の大きさがモノを言う所があります。

だからこそ、どれだけお子さんが頑張っていても、悔しい思いをさせてしまう事は

避けられません。

体格や生まれ持っての身体能力は、上には上がいるものです。

しかし、ご安心ください。

結論から言いますが、体が小さくても、身体能力が高くなくてもお子さんを

今よりも、試合で大活躍させる方法があります。

それは、お子さんをスーパードリブラーに育てる方法です。

ちなみにこの方法は、私が監督を務める「JSC CHIBA」のアンダー12で実際に

取り入れられていますが、富山、滋賀、新潟など他県の少年チームでも結果が

出ています。

つまり、25年間、1,500人を超えるサッカー少年達への指導の中で開発された

今回の「少年向け天才ドリブラー育成法」があれば?

あなたのお子さんは、今よりも輝きを増したプレーを見せてくれるようになります。


「川島和彦「わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの最強ドリブル塾 」」について

サッ−カ−少年をお子さんにもつお父さん、お母さん、また少年サッカ−指導者の
皆さんへ「ジュニア専用 子供のドリブルテクニックを楽しみながら上達させる方法」